能代市議会一般質問 > 2020年 > 3月定例会

臨時休業とした際の決裁権者は誰か

※下記のやりとりは議事録から抜粋したものであり議会の公式記録ではありません。

臨時休業の決定は教育行政に限らず、福祉や雇用関連と多岐にわたる協力を要する判断となりました。決裁権者は、どなたであったのかお尋ねいたします。

臨時休業とした際の決裁権者は誰か、についてであります が、能代市の小・中学校の設置者は、能代市であります。学校保健安全法第二十条に「学校の設置者は、感染症の予防上必要があると きは、臨時に、学校の全部又は一部の休業を行うことができる」と 規定されており、決裁権者は能代市長です。

プロフィール

佐藤ともかず

     

前・能代市議会議員(2014〜2022)。昭和53年(1978年)1月31日 能代市生まれ。44歳。能代市河戸川在住。趣味はNBA観戦(UTAH JAZZ)、読書、温泉、弓道&民謡に興味あり。秋田高専を卒業後、国交省(旧建設省)に勤務。その後IT関連企業を経て大阪より2008年に帰能。地域のIT力向上を目的にweb制作を主軸とした合同会社ゴーゴーウェブマーケットを設立。2016年1月に代表を退き、新たに不登校支援のフリースクール・フレスクを2018年7月に設立。代表を務めたが2019年4月に一般社団法人を設立し代表を退く。現在は家業の通所介護施設「長崎デイハウスふあり」の生活相談員として勤務。視点は常にニュートラル(中道右派)

最新記事

アーカイブ

いままで投稿した記事の数:1224件

お問い合わせ先

E-mail
info@satouto.com

Copyright © 2013-2022 佐藤ともかず後援会 All Rights Reserved.