活動履歴

4/7秋田さきがけ新報より。『議員のなり手』

  •  2020年4月8日 水曜日

3月に改選となった五城目町議選に出馬しなかった若手議員とその背景についてのコラム。記事の佐藤元議員とはじっくり政治を語る時間はなかったものの、行動力と切れのある視点に定評のある貴重な人材でした。
  
記事では不出馬の理由のひとつに「将来の不安定さ」をあげられ私もこれには異論はありません。五城目町議の報酬は年約350万円とのこと。議員の報酬は個人事業主でいう『売上』にあたるため、ここから自腹で研修参加や各種お付き合いといった損金とならない経費が発生します。今後何年も続くと考えると苦しいのが実情ではないでしょうか。
 
では議員のなり手問題ですが、単純に報酬をあげて若手が出馬しやすいようにといった話ではなく、そもそもの定数や仕組みに課題が見受けられます。
 
私の理想は最少人数の議員で、多くの市民の意見を吸い上げる仕組み(システム)を構築し、AIなども駆使し複数の最適解から”人”が時世に応じて判断する環境です。また審議は委員会制度ではなく、全議員による全分野審査。現行制度の3委員会にあたる審議を各2日〜3日、最大9日間で集中審議を行うものです。
 
ただ上記の世の中になるには随分先かと思われます。今もコロナで世の中は大混乱ですが、職責として議員にしか出来ないことは何かを意識して、当局と最善を模索してまいります。

プロフィール

佐藤ともかず

     

昭和53年1月31日 能代生まれ。43歳。河戸川在住。趣味は読書と温泉、弓道と民謡に興味あり。秋田高専を卒業後、国交省(旧建設省)に勤務。その後IT関連企業を経て2008年帰能。地域のIT力向上を目的にweb制作を主軸とした合同会社ゴーゴーウェブマーケットを設立。 2016年1月に代表を退き、現在は一般社団法人防災教育普及協会会員、公益社団法人秋田犬保存会会員として活動中。2019年9月より日本維新の会一般党員として入党。

いままで投稿した記事の数:1069件

お問い合わせ先

E-mail
info@satouto.com

Copyright © 2013-2021 佐藤ともかず後援会 All Rights Reserved.