活動履歴

2/27(月)。一般質問の準備が大詰め

  •  2017年2月27日 月曜日

2/27(月)。体温計らず。
能代市議会三月定例会の一般質問の準備が大詰めを迎えております。今回で議員になって丸三年が経過します。時の流れはあまりに早く・・。
今回の一般質問では下記を予定しています。※一般質問通告書(案)原文そのまま。
 
1.事業承継や法人成り等による入札資格継続の条件緩和について
後継者不足に伴う地元事業者の承継問題は、地域経済の衰退や雇用環境の悪化のほか、産業の消滅など幅広い方面への悪影響が懸念されるが、現行の入札参加制度では事業承継時に資格が喪失されるなど課題が見られる。
(1)中小企業等における本市の事業承継は、今後どのような推移を辿ると予測しているか。
(2)本市における入札参加資格は事業開始から二年としているが、その意図と根拠は。
(3)事業承継時や法人成りの際、明らかに以前と同一業務と見込まれる場合、入札参加資格は継続されるか。
(4)入札参加資格が継続される条件はあるか。
(5)商工会議所など事業承継の推進団体と承継に関する実態把握等連携はなされているか。
(6)事業承継により事業主が不利益を被ることのないよう時代に即した条件緩和の考えは。

2.休日保育の拡充について
労働者不足が最たるリスク要因である本市の雇用情勢であるが、子育て世代の女性の登用やスキル還元は、地域の活力創出には欠かせないものである。しかし現状では日祝等休日を含む共働き世帯に対し、子どもの預け先が不足しているなど福祉環境の整備が十分でなく、働く意欲と働きやすい環境間に著しい隔たりが見られる。
(1)本市における休日保育の受入状況など現状は。
(2)休日等共働き世帯に対する本市の施策は。
(3)休日保育拡充の考えは。

3.給食センターにおける緊急時の配食対応について
今年1月下旬より南部共同調理場において、多数の職員がインフルエンザに感染し、給食の内容に一部変更があった。市内3箇所の調理場における委託業者は同一業者であり、緊急であっても相互に補完しあえる環境にあったのではないか。対応の妥当性と今後の対応を問う。
(1)給食の内容に影響のあった生徒および児童数は。
(2)変更とした経緯および対応の妥当性は。
(3)生徒や児童、保護者からの反応は。
(4)契約書内では緊急時にどのような対応とすることになっているか。
(5)結果的に何が根本の問題であったと捉えているか。またその不備に対して今後の対応は。

4.旅費交通費の積算について
研修視察等に係る旅費については旅費規程に基づき算出される。旅費規程は一定の根拠たる指標とは成り得るが現状ではパック料金など格安で利用できる商品も存在し、産出額と実費とに差額が生じるケースもありえる。現状の旅費規定に基づく旅費算定の妥当性を問う。
(1)旅費総額の年間支出は。
(2)現行の旅費規程は昨今の交通情勢を鑑みても妥当であるか。
(3)旅費規程を上限とする実費精算の考えは。

プロフィール

佐藤ともかず

     

昭和53年1月31日 能代生まれ。43歳。河戸川在住。趣味は読書と温泉、弓道と民謡に興味あり。秋田高専を卒業後、国交省(旧建設省)に勤務。その後IT関連企業を経て2008年帰能。地域のIT力向上を目的にweb制作を主軸とした合同会社ゴーゴーウェブマーケットを設立。 2016年1月に代表を退き、現在は一般社団法人防災教育普及協会会員、公益社団法人秋田犬保存会会員として活動中。2019年9月より日本維新の会一般党員として入党。

いままで投稿した記事の数:1069件

お問い合わせ先

E-mail
info@satouto.com

Copyright © 2013-2021 佐藤ともかず後援会 All Rights Reserved.