活動履歴

2021.3.27(土)。里親制度/全若市議研修

  • 2021年3月27日 土曜日

本日午前より全若研修として「里親制度」についてNPO法人キーアセット代表の渡邊様を講師にご講話いただきました。
 
要保護児童への支援として「里親制度」がありますが、当制度については私も3月の一般質問で取り上げたばかりで、理解を深めることが出来ました。なお講師の渡邊様も5年間里親としての実績をお持ちで言葉の節々に重みを感じました。
 
自分のメモとしていくつか抜粋しておきます。
・里親制度への社会認知が圧倒的に不足
・里親自身をケア、フォローする取組が必要
 →里親としての悩みも増える。
・県が主体の事業だが各市区町村でもより理解とビジョン、行動が必要。
・一概に脱施設の動きは適切でないかも。
 →選択肢はあった方が、子どもたちの利益となる。
・子供の生活最優先で、同じ地域での生活がよいのか他地域がよいのか考える。
 
次年度は私自身も里親研修を受け、その実態をより理解しようと考えています。多様な子育て環境への地域の理解こそがこれからは大切かもしれませんね。
 

 

プロフィール

佐藤ともかず

     

前・能代市議会議員(2014〜2022)。昭和53年(1978年)1月31日 能代市生まれ。44歳。能代市河戸川在住。趣味はNBA観戦(UTAH JAZZ)、読書、温泉、弓道&民謡に興味あり。秋田高専を卒業後、国交省(旧建設省)に勤務。その後IT関連企業を経て大阪より2008年に帰能。地域のIT力向上を目的にweb制作を主軸とした合同会社ゴーゴーウェブマーケットを設立。2016年1月に代表を退き、新たに不登校支援のフリースクール・フレスクを2018年7月に設立。代表を務めたが2019年4月に一般社団法人を設立し代表を退く。現在は家業の通所介護施設「長崎デイハウスふあり」の生活相談員として勤務。視点は常にニュートラル(中道右派)

いままで投稿した記事の数:1224件

お問い合わせ先

E-mail
info@satouto.com

Copyright © 2013-2022 佐藤ともかず後援会 All Rights Reserved.