活動履歴

2018.4.2(月)。供託申請

  • 2018年4月2日 月曜日

2018.4.2(月)。供託申請
 
本日無事に供託金の払込が完了いたしました。ご存知の方も多いとは思いますが、公職の候補者の届け出をしようとする者は、出馬を予定する選挙区分により相当する金額を供託しなければなりません。
 
例えば市議会議員選挙の場合は法務局に書類を申請後、銀行に30万円を預けることになります。この供託金は無秩序な立候補を制限するために行われていますが効果は不明です。またこの供託金は、一定数の得票を獲得することで取り戻すことが出来ますが、逆に一定の票が入らない場合、没収となります。
 
参考までに、町村議会では供託金が不要、市区議選では30万円、市議選(政令指定都市)では50万円、県議選60万円、町村長選50万円、市区長選100万円、県知事300万円、衆議院(選挙区)300万円となっています。
 
また告示日の夕方まで立候補届出は受理されますが、4/8は日曜日のため実質的には法務局および銀行が営業中と4/6(金)が供託金申請の最終日となりますのでご注意ください。
 

プロフィール

佐藤ともかず

     

前・能代市議会議員(2014〜2022)。昭和53年(1978年)1月31日 能代市生まれ。44歳。能代市河戸川在住。趣味はNBA観戦(UTAH JAZZ)、読書、温泉、弓道&民謡に興味あり。秋田高専を卒業後、国交省(旧建設省)に勤務。その後IT関連企業を経て大阪より2008年に帰能。地域のIT力向上を目的にweb制作を主軸とした合同会社ゴーゴーウェブマーケットを設立。2016年1月に代表を退き、新たに不登校支援のフリースクール・フレスクを2018年7月に設立。代表を務めたが2019年4月に一般社団法人を設立し代表を退く。現在は家業の通所介護施設「長崎デイハウスふあり」の生活相談員として勤務。視点は常にニュートラル(中道右派)

いままで投稿した記事の数:1244件

お問い合わせ先

E-mail
info@satouto.com

Copyright © 2013-2022 佐藤ともかず後援会 All Rights Reserved.