活動履歴

能代市議会が4会派にまとまる

  • 2016年7月26日 火曜日

能代市議会の改革へ向けての動きが活発化しています。
FBでは既に所属会派の新体制についてを報告しておりましたが、他会派も合流拡大の動きがあり、結果能代市議会は4会派にまとまりました。
選挙後はひとり会派を含め9会派でのスタートではありましたが、ようやくわかりやすい形で収束しました。
議会には『議会運営委員会』という議会の決め事に関する要の委員会があり、当委員になるためには《交渉会派》という慣行から3人以上の会派を組まなければなりません。(原則3名に対し1名を排出出来る)
そのため、二人やひとりの会派には議会運営に対する決定権はなく、発言力を高めるにはどうしても3人以上の会派体制になる必要があります。
 
ここにきて会派拡大の動きがあった背景には、議会報告会の実現やその他議会改革を推進するにあたり、議会運営委員会での賛同者不足が予想されたためです。今回の一連の動きは間違いなく能代市の歩みを今までとは違った方向へ進めるものです。
 
ここまでくるのに2年半。
時間はかかりましたがようやくスタートラインに立つことが出来ました。残りの任期も公選人として必要な改善を敢行して参ります。

IMG_6675

プロフィール

     

佐藤ともかず【完全無所属】

     

前・能代市議会議員(2014〜2022)。昭和53年(1978年)1月31日 能代市生まれ。44歳。能代市河戸川在住。趣味はNBA観戦(UTAH JAZZ)、読書、温泉、弓道&民謡に興味あり。秋田高専を卒業後、国交省(旧建設省)に勤務。その後IT関連企業を経て大阪より2008年に帰能。地域のIT力向上を目的にweb制作を主軸とした合同会社ゴーゴーウェブマーケットを設立。2016年1月に代表を退き、新たに不登校支援のフリースクール・フレスクを2018年7月に設立。代表を務めたが2019年4月に一般社団法人を設立し代表を退く。現在は家業の通所介護施設「長崎デイハウスふあり」の生活相談員として勤務。視点は常にニュートラル(中道右派)

いままで投稿した記事の数:1305件

お問い合わせ先

E-mail
info@satouto.com

Copyright © 2013-2022 佐藤ともかず後援会 All Rights Reserved.