活動履歴

3/27(日)。能代春慶の再現活動報告および秋田杉桶樽の現状と後継者育成について

  • 2016年3月27日 日曜日

3/27(日)。『能代春慶の再現活動報告』および『秋田杉桶樽の現状と後継者育成に向けた取組』の両報告が旧料亭金勇にてなされました。
能代春慶再現活動は今年で3年目の区切りとなり今後の継続活動は未定ですが市当局にも掛け合ってどのようにすべきかじっくり協議したいところです。
さて報告では湊 哲一さんと宮薗 なつみさんより再現までの試行錯誤、現段階での再現品の紹介がありましたが、春慶塗り自体が製造に105日、その後独特の黄色身を帯びるまで2-3年かかるとのことで非常に手間がかかるもののようです。
米糊や油、発酵等の塗布剤作成も困難な上、下地づくりやムラのない上塗り技術が必要などハードルは山積みとのこと。これらも踏まえると復活にはかなりの忍耐力が必要ですね。。。
その後は能代製樽所の畠様より桶樽業界の報告がなされ、江戸時代かつての流通や職人の推移、全国での生産状況について伺うことができました。
現在では国有林からの天然秋田杉は供給されておらず、80年以上の高齢人工林を使用しているが、木目が荒く手作業が難しくなっているため機械化も進んでいるとのことでした。
また能代はあらゆる木材業界の技術が集積している全国でも珍しい土地であるため活かした活動か期待できるとの締めくくりでした。
昨日に引き続きモクモクな週末でしたが大変勉強になりました。ご講演、ご報告いただきましま皆様方ありがとうございます。
 
944656_10208857080129601_7896985660537909527_n

946450_10208857079889595_7053487143014442955_n

12923168_10208857069689340_3691642293135922918_n

プロフィール

佐藤ともかず

     

前・能代市議会議員(2014〜2022)。昭和53年(1978年)1月31日 能代市生まれ。44歳。能代市河戸川在住。趣味はNBA観戦(UTAH JAZZ)、読書、温泉、弓道&民謡に興味あり。秋田高専を卒業後、国交省(旧建設省)に勤務。その後IT関連企業を経て大阪より2008年に帰能。地域のIT力向上を目的にweb制作を主軸とした合同会社ゴーゴーウェブマーケットを設立。2016年1月に代表を退き、新たに不登校支援のフリースクール・フレスクを2018年7月に設立。代表を務めたが2019年4月に一般社団法人を設立し代表を退く。現在は家業の通所介護施設「長崎デイハウスふあり」の生活相談員として勤務。視点は常にニュートラル(中道右派)

いままで投稿した記事の数:1244件

お問い合わせ先

E-mail
info@satouto.com

Copyright © 2013-2022 佐藤ともかず後援会 All Rights Reserved.