活動履歴

12/16(水)。一般質問:当局答弁その1

  •  2015年12月16日 水曜日

12/16(水)。昨日地元紙に掲載された一般質問の概要ですが、下記に実際の当局答弁(市役所側からの回答)を掲載します。
建物だけでも想定以上の電気使用量で、建物以外も含めると年間2000万円近くは削減できそうな内容でした。市長からは「東北電力との長いお付き合いもあるので・・」との回答もありましたが《税金》ですからね。前向きな御答弁をいただきたいところでした。
 
===以下答弁内容===
佐藤議員のご質問にお答えいたします。
はじめに、電力自由化における新電力(PPS)切替による歳出削減についてのうち、現行の電力会社との契約状況は、についてでありますが、市では東北電力株式会社と随意契約しております。
次に、庁舎等、市が所有する施設の年間の電気料金は、についてでありますが、市の主な公共施設の26年度の電気料金は、62施設で約2億700万円、そのうち電気自由化の対象となっている50kw以上の施設は、31施設で約1億6500万円となっております。
次に新電力への契約変更により電気料削減の見込みはいかに、についてでありますが、25年度の経済産業省資源エネルギー庁の電気料削減事例によると、愛媛県松山市では、中学校29校で新電力へ切替を行い、約6.2%の削減となっております。使用する電力量等、諸条件により削減率は異なると思われますが、同等の削減率を見込み試算した場合、50kw以上の施設では約1,020万円、全施設で導入した場合は、約1,280万円の削減となります。

===ここまで===

この後、次年度4月よりすぐに一般競争入札に切り替えるべきだ等、市長のお考えを伺いましたが即実践したいというお答えは引き出せませんでした。私の話の持って行き方が悪かったと反省しております。。。
 
1909869_10208071004478201_3803645141244160587_n

プロフィール

佐藤ともかず

     

昭和53年1月31日 能代生まれ。43歳。河戸川在住。趣味は読書と温泉、弓道と民謡に興味あり。秋田高専を卒業後、国交省(旧建設省)に勤務。その後IT関連企業を経て2008年帰能。地域のIT力向上を目的にweb制作を主軸とした合同会社ゴーゴーウェブマーケットを設立。 2016年1月に代表を退き、現在は一般社団法人防災教育普及協会会員、公益社団法人秋田犬保存会会員として活動中。2019年9月より日本維新の会一般党員として入党。

いままで投稿した記事の数:1070件

お問い合わせ先

E-mail
info@satouto.com

Copyright © 2013-2021 佐藤ともかず後援会 All Rights Reserved.