活動履歴

敗戦から学ぶ

  • 2015年5月18日 月曜日

私は大阪が故郷の能代と同じくらい大好きです。

独特な文化や人情、たまにお調子者ですがとても寂しがりやな一面も持つ人間味あふれる大阪人が大好きです。

 その大阪で5.17、橋下代表率いる大阪維新の会が都構想の是非を巡って歴史的な住民投票をしかけました。

最終日のみ顔を出すことができませんでしたが、その人気は健在で今回の投票も賛成多数となるのでは期待しておりました。

しかしながら結果は反対多数による現状維持となり、今後は自民党大阪府連等が提案された総合区で調整が進むと予想されます。

民意を重く受け止めるものの、その後の記者会見では橋下代表の辞任宣言もあり今後の地方自治に大きく影響を与えそうです。

大好きなこの街で、政界最高のチャレンジャーを失いました。民主主義の難しさ、日本では改革を受け入れられにくい現状を目の当たりにしました。

自立ではなく依存を選択した日本第二の都市。

地方都市は今後どうなっていくのだろうか。

自民、公明、民主、共産等の決めた責任も同じ重いはず。

プロフィール

佐藤ともかず

     

前・能代市議会議員(2014〜2022)。昭和53年(1978年)1月31日 能代市生まれ。44歳。能代市河戸川在住。趣味はNBA観戦(UTAH JAZZ)、読書、温泉、弓道&民謡に興味あり。秋田高専を卒業後、国交省(旧建設省)に勤務。その後IT関連企業を経て大阪より2008年に帰能。地域のIT力向上を目的にweb制作を主軸とした合同会社ゴーゴーウェブマーケットを設立。2016年1月に代表を退き、新たに不登校支援のフリースクール・フレスクを2018年7月に設立。代表を務めたが2019年4月に一般社団法人を設立し代表を退く。現在は家業の通所介護施設「長崎デイハウスふあり」の生活相談員として勤務。視点は常にニュートラル(中道右派)

いままで投稿した記事の数:1244件

お問い合わせ先

E-mail
info@satouto.com

Copyright © 2013-2022 佐藤ともかず後援会 All Rights Reserved.