活動履歴

議員定数は減らすべきかどうか:能代市議会

  • 2021年10月19日 火曜日

今朝10/19の地元紙『北羽新報』から。
紙面をめくった瞬間「なんじゃこりゃ〜」と驚きました…。
 
現在、能代市議会では令和4年4月の改選期を迎えるにあたり、議員定数について議論がかわされています。
現行は『20人』でありますが、欠員1名となっているため、実質19人で議会を運営しています。議会の主な審査機関となる『常任委員会』は3委員から成り、それぞれ7人、6人、6人の体制で審査をしています。
 
議員の定数の議論については、様々な視点で多様な意見があります。
『議員を減らして報酬を上げ専念できるようにするべきだ』、
『報酬を減らしてでも議員の数を増やして市民の声を拾いやすくすべきだ』、
『議員の活動が見えない、減らすべきだ』等々。
 
私自身が約7年半の実務での所感は『減らすべき』であります。
ただ報酬を減らして議員を増やすべきという考えにも賛同するところもあり、答えのない中でどれかと言われれば『減』であります。
 
こうした中、会派内でも喧々諤々で議論を行い、会派の5人全員が同じ数値を示したわけではないのが実情です。ただ概ね削減の方向性では賛同を得られており、昨日の委員会では『19人』または『18人』としたところです。
 
この『18人』という数字は4年前に平政公明党からも議員提案された数値でありました。本音で言えば賛成したかったのですが、会派間の協議無しで突然上程されたものであったため、やむなく反対したところでしたが、今回は機が熟したと賛同するつもりでおりました。
 
しかし今回示された人数とその理由は…。
意見は多様かつ時間の経過、背景とともに変化するものと理解はしていますが何だかしっくりきません…。
 
詳細は本日10/19の朝刊『北羽新報』を御覧くださいませ。
 

プロフィール

佐藤ともかず

     

前・能代市議会議員(2014〜2022)。昭和53年(1978年)1月31日 能代市生まれ。44歳。能代市河戸川在住。趣味はNBA観戦(UTAH JAZZ)、読書、温泉、弓道&民謡に興味あり。秋田高専を卒業後、国交省(旧建設省)に勤務。その後IT関連企業を経て大阪より2008年に帰能。地域のIT力向上を目的にweb制作を主軸とした合同会社ゴーゴーウェブマーケットを設立。2016年1月に代表を退き、新たに不登校支援のフリースクール・フレスクを2018年7月に設立。代表を務めたが2019年4月に一般社団法人を設立し代表を退く。現在は家業の通所介護施設「長崎デイハウスふあり」の生活相談員として勤務。視点は常にニュートラル(中道右派)

いままで投稿した記事の数:1193件

お問い合わせ先

E-mail
info@satouto.com

Copyright © 2013-2022 佐藤ともかず後援会 All Rights Reserved.