活動履歴

議会基本条例制定に向けて

  • 2017年3月23日 木曜日

能代市議会三月定例会では、三月補正、次年度予算、その他の単行議案等審議がなされておりますが、
並行して議会改革に向けた取組のひとつとして、議会基本条例制定にむけた検討会も進行中です。
 
しかしながら検討会のみの議論だけではなく、やはり特別委員会としてしっかりと公開、報告、精査がなされるべきだとの考えから
現在議会運営委員会において、この件についても協議が始まっており、わたし個人としても早期実現を期待するところであります。
 
議会基本条例は、全国初の制定から10年が経過し、全国の自治体でも約半数が設置されており、議会や議員の役割や方針、具体的な行動指針が盛り込まれることが一般的です。
当市では本条例が未整備であるものお、しっかりとした議会運営がなされてきたことから、その必要性自体が議論されてきたようです。
ただ先回の市議選改選を経て、やはり実質的な議会の最高規範として必要性が高まっているとのことから制定に向け動きが加速してきたところです。
 
しかし当然ながら議会基本条例を制定することが目的となっては本末転倒であり、議会の機能強化を明確化する意味として、また議員の行動や責任をわかりやすく示すことによって、議員と市民との関係、議会と行政の関係をはっきりとさせることで議会がもつ権限を最大限活用していこうというものでなければなりません。
 
本日の議会運営委員会でどこまで議論が進むかはまだわかりませんが、大きく前進することを期待しております。

プロフィール

     

佐藤ともかず【完全無所属】

     

前・能代市議会議員(2014〜2022)。昭和53年(1978年)1月31日 能代市生まれ。44歳。能代市河戸川在住。趣味はNBA観戦(UTAH JAZZ)、読書、温泉、弓道&民謡に興味あり。秋田高専を卒業後、国交省(旧建設省)に勤務。その後IT関連企業を経て大阪より2008年に帰能。地域のIT力向上を目的にweb制作を主軸とした合同会社ゴーゴーウェブマーケットを設立。2016年1月に代表を退き、新たに不登校支援のフリースクール・フレスクを2018年7月に設立。代表を務めたが2019年4月に一般社団法人を設立し代表を退く。現在は家業の通所介護施設「長崎デイハウスふあり」の生活相談員として勤務。視点は常にニュートラル(中道右派)

いままで投稿した記事の数:1305件

お問い合わせ先

E-mail
info@satouto.com

Copyright © 2013-2022 佐藤ともかず後援会 All Rights Reserved.