活動履歴

能代山本広域市町村圏組合議会 臨時会 令和3年7月

  • 2021年7月19日 月曜日

令和3年7月21日開催予定の臨時会における議案目録が届きました。
  
今回の臨時会では、市議会議案同様となる「新型コロナ」の表記訂正と、救急車両の購入のほか陳情1件となります。
事前にいただいた資料を確認しているのですが、気になるのは最後の陳情について。
 
陳情では、新たに令和8年より稼動予定の一般廃棄物処理施設において、温排熱の利活用についてのお願いであります。
具体的には、①処理施設の温排熱を、ハウス農業の熱源として利活用できるようにすること、②その熱源を利用した次世代の雇用創出につながる作物のモデル農場の新設を検討すること、③応募型プロポーザルの選定にあたって前2項目を加味することの3点があげられています。
 
陳情の内容の通り、排熱利用や新しい農業への試行は理解できますが、すでに応募型プロポーザルの公募は令和3年2月に開始されており、7月30日締切の今の段階では間に合わないと思います。
また当然、排熱の利活用を加味するとなれば設計から近隣市町との連携など計画立てが必要な要素が多すぎるため、いささか遅きに失した感は否めません。
 
あさって21日の臨時会にて事務局へ細かな部分を確認しておきたいと思います。

下記公式サイトでは各種手続き等が公表されています。
ご興味のある方はぜひ御覧ください。

リンク:一般廃棄物処理施設整備事業

プロフィール

佐藤ともかず

     

前・能代市議会議員(2014〜2022)。昭和53年(1978年)1月31日 能代市生まれ。44歳。能代市河戸川在住。趣味はNBA観戦(UTAH JAZZ)、読書、温泉、弓道&民謡に興味あり。秋田高専を卒業後、国交省(旧建設省)に勤務。その後IT関連企業を経て大阪より2008年に帰能。地域のIT力向上を目的にweb制作を主軸とした合同会社ゴーゴーウェブマーケットを設立。2016年1月に代表を退き、新たに不登校支援のフリースクール・フレスクを2018年7月に設立。代表を務めたが2019年4月に一般社団法人を設立し代表を退く。現在は家業の通所介護施設「長崎デイハウスふあり」の生活相談員として勤務。視点は常にニュートラル(中道右派)

いままで投稿した記事の数:1250件

お問い合わせ先

E-mail
info@satouto.com

Copyright © 2013-2022 佐藤ともかず後援会 All Rights Reserved.