活動履歴

比例開票結果に見る一考察

  •  2019年7月23日 火曜日

まずはこちらを御覧いただきたい。

さきがけ電子版:比例代表秋田 開票結果
  
 
各党別の投票結果が地域別で掲載されています。
面白いもので例えば能代市の公明党を見ると『2,664』と、
1年半前の能代市議戦トップの渡辺優子氏得票『2,131』とその差は『533』票となります。
 
つまり一枚岩となった公明党票は2700票程度のポテンシャルがあることが伺えます。
ただ実際の市議選では地元票もそれなりに入ると想定し、600-700程度は他の投票先へ流れているのではと推測できます。
 
次に、『日本維新の会』を見てみますと、能代市では『1,126』となり、前回市議選の当落線が『952』であるため、
十分1人を当選させる可能性を秘めています。
 
この理論に基づき他地域の可能性も探ると、
秋田市では2000票程度で3名の当選、
能代市では1名、
横手市1名、
大館市1名、
由利本荘1名、
大仙市1名、
にかほ市1名、
の合計9名の党勢拡大が可能であります。
ただご承知の通り選挙は生き物。地縁血縁、信用信頼、情勢同情などで簡単に上下します。
こうもうまくはいかないだろうが動き出す価値はありそう???かも。データを制するものはなんとやらか。

プロフィール

佐藤ともかず

     

昭和53年1月31日 能代生まれ。43歳。河戸川在住。趣味は読書と温泉、弓道と民謡に興味あり。秋田高専を卒業後、国交省(旧建設省)に勤務。その後IT関連企業を経て2008年帰能。地域のIT力向上を目的にweb制作を主軸とした合同会社ゴーゴーウェブマーケットを設立。 2016年1月に代表を退き、現在は一般社団法人防災教育普及協会会員、公益社団法人秋田犬保存会会員として活動中。2019年9月より日本維新の会一般党員として入党。

いままで投稿した記事の数:1077件

お問い合わせ先

E-mail
info@satouto.com

Copyright © 2013-2021 佐藤ともかず後援会 All Rights Reserved.