活動履歴

交通難民をどう解消すべきか

  • 2022年8月5日 金曜日

あぢぢ💦💦朝活は通算41度目となりました。

本日も合間を見てポスティングに回っております。
この暑さは危険です。不要不急の外出は、おススメできません💦
 
さて、ご挨拶周りで今後の心配事を聞くとと免許返納について悩まれる方がおります。

判断力や身体的な衰えを考えると運転を控るのは理解するものの、買い物や通院などで不便をきたすというものです。
いわゆる交通難民の課題ですが、能代市では巡回バスやデマンド型タクシーの運行があり、三種町では住民による共助団体へ委託し、ワゴン車を走らせる『ふれあいバス』があります。

さらに県では自主返納者を対象にタクシーの乗車運賃が1割引になる制度も運用しています。
ただ十分であるのかについては精査が必要です。
 
これからの秋田は買い物難民、交通難民を如何に解消していくかが鍵だと感じています。
もう先送りはできません。

プロフィール

佐藤ともかず

     

前・能代市議会議員(2014〜2022)。昭和53年(1978年)1月31日 能代市生まれ。44歳。能代市河戸川在住。趣味はNBA観戦(UTAH JAZZ)、読書、温泉、弓道&民謡に興味あり。秋田高専を卒業後、国交省(旧建設省)に勤務。その後IT関連企業を経て大阪より2008年に帰能。地域のIT力向上を目的にweb制作を主軸とした合同会社ゴーゴーウェブマーケットを設立。2016年1月に代表を退き、新たに不登校支援のフリースクール・フレスクを2018年7月に設立。代表を務めたが2019年4月に一般社団法人を設立し代表を退く。現在は家業の通所介護施設「長崎デイハウスふあり」の生活相談員として勤務。視点は常にニュートラル(中道右派)

いままで投稿した記事の数:1244件

お問い合わせ先

E-mail
info@satouto.com

Copyright © 2013-2022 佐藤ともかず後援会 All Rights Reserved.