活動履歴

一事不再議の原則とは

  • 2017年12月19日 火曜日

【一事不再議の原則】
 
聞きなれない言葉ですが、議会の諸原則のひとつに【一事不再議】という基本があります。
 
『議員必携 第十次改定新版(全国町村議会議長会)』によりますと、”一度議会で議決した同一の議題については、同一会期中においては再び議決しないというもの”とされております。
 
つまり一つの定例会において同じ議案は審議しないというものなんですね。またこの原則は地方自治法では規定されてはいませんが、能代市議会会議規則の第15条で規定されています。なお議案の内容が同一であっても、その背景となる事情変化により、前提条件が異なると認められる場合は、例外的に再提出しても審議することが出来るようです。
 
難しい世界ですね^^;

プロフィール

佐藤ともかず

     

前・能代市議会議員(2014〜2022)。昭和53年(1978年)1月31日 能代市生まれ。44歳。能代市河戸川在住。趣味はNBA観戦(UTAH JAZZ)、読書、温泉、弓道&民謡に興味あり。秋田高専を卒業後、国交省(旧建設省)に勤務。その後IT関連企業を経て大阪より2008年に帰能。地域のIT力向上を目的にweb制作を主軸とした合同会社ゴーゴーウェブマーケットを設立。2016年1月に代表を退き、新たに不登校支援のフリースクール・フレスクを2018年7月に設立。代表を務めたが2019年4月に一般社団法人を設立し代表を退く。現在は家業の通所介護施設「長崎デイハウスふあり」の生活相談員として勤務。視点は常にニュートラル(中道右派)

いままで投稿した記事の数:1250件

お問い合わせ先

E-mail
info@satouto.com

Copyright © 2013-2022 佐藤ともかず後援会 All Rights Reserved.