活動履歴

まさに『議員必携』。議員活動にまつわる叡智の集大成。

  • 2022年5月19日 木曜日

愛読書は何ですかと問われたら迷わず『議員必携』と答えたいです(建前)。
 
新人議員にも経験を積んだ議員にもお薦めしたい一冊。冗談抜きで読み物としても面白いと感じます。
例えば、質問と質疑の違い、質問中の気をつけたい表現など、議員あるあるとして頷くものばかりが載っています。
  
この図書から引用して新人にレクチャーする機会も多く、市議を8年経験したからこそ、よく理解できるものも多いのが実情です。
その中でも思わず苦笑いしてしまった項目がありました。質問中(おもに一般質問を想定)、不適切な表現についてであります。
 
===ここから引用===
また「質問」であるからあくまえ質問に徹すべきで、要望やお願いやお礼の言葉を述べることは厳に慎むべきものである。
〜省略〜
一般質問でよく使われがちな言葉に次のようなものがあるが、極めて不適切な表現である。
・お分かりでありましたら教えていただきたい。
・説明をお願いします。
・今一度ご答弁のほど宜しくお願いしたい。
・町長さん、教育委員長さん。
・よくわかりました。ありがとうございます。
・前向きのご桃源をいただき、心からお礼申し上げます。
・◯◯の点について特に努力されるようお願いします。
 
「議員必携」第5章発言
===ここまで===
 
全国の地方議員の皆様、身に覚えはないでしょうか?
私はあります。
 
自己の意見は述べてはいけないのが原則であり、かつ上記例は確かに「質問」ではありません。
私もつい生活的に感謝を述べる癖がついていますので、答弁づくりの職員の苦労を想像すると、思わず口に出てしまいます。
 
より質の高い質問を目指して、新人の皆様は即自腹で本書を入手して、議員活動にお役立てください。
 

プロフィール

佐藤ともかず

     

前・能代市議会議員(2014〜2022)。昭和53年(1978年)1月31日 能代市生まれ。44歳。能代市河戸川在住。趣味はNBA観戦(UTAH JAZZ)、読書、温泉、弓道&民謡に興味あり。秋田高専を卒業後、国交省(旧建設省)に勤務。その後IT関連企業を経て大阪より2008年に帰能。地域のIT力向上を目的にweb制作を主軸とした合同会社ゴーゴーウェブマーケットを設立。2016年1月に代表を退き、新たに不登校支援のフリースクール・フレスクを2018年7月に設立。代表を務めたが2019年4月に一般社団法人を設立し代表を退く。現在は家業の通所介護施設「長崎デイハウスふあり」の生活相談員として勤務。視点は常にニュートラル(中道右派)

いままで投稿した記事の数:1224件

お問い合わせ先

E-mail
info@satouto.com

Copyright © 2013-2022 佐藤ともかず後援会 All Rights Reserved.