活動履歴

【能代市議会・本日の質疑紹介】

  •  2020年6月9日 火曜日

本日は能代市独自の支援策第2弾への質疑が行われました。 
なお支援にかかる補正予算は即決で審議されたため各種支援事業が早速スタートします。プレミアム付き商品券は8月上旬頃を予定しています。

以下、私が行った質問の一部となります。
===
◯歳入について
(質問)県では昨年度末約107億円の残高であった財政調整基金が、この度の新型コロナ関連における独自支援等により使い切ったとの報道があった。ただし実情は国の新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金により57億円ほど見込まれるとのことである。秋田県全域の市町村分として約47億円が交付限度額とされているが能代市の臨時交付金見込額はいかほどであるか。
(答弁)見込額は2億3666万円である。参考まで市独自の支援策規模の総額は9億円を超えている。

◯感染症検査機器の導入について。
(質問)1日あたりの実施可能検査数は。
(答弁)1ユニット14検体
 
(質問)結果判明まで時間短縮となるのか
(答弁)PCR検査とは違いランプ法では1時間程度

◯プレミアム付き商品券発行事業について
(質問)約2.1億円の事業費で約7.4億円の消費喚起による経済効果が目的であるが経済対策の本質としては如何にキャッシュフローを改善させていくかが肝である。チケットの使用期限、事業者が迅速に現金化を図られるようどのような工夫が検討されているか。
(答弁)使用期限は12/31まで、現金化は週2回の機会を設けていく。
(質問)使用期限を思い切って9月末など短縮できないか
(答弁)これまで事業者との協議の上、決定したことであるため尊重したい。

◯大学生等応援給付金給付事業費について
(質問)学生のアルバイトや保護者の収入減少による支援とあるが、収入減少の証明を行うか。また申請が必要か(児童手当のように申請なく給付されるか)
(答弁)収入減の確認は行わない。申請が必要となる。

===

プロフィール

佐藤ともかず

     

昭和53年1月31日 能代生まれ。43歳。河戸川在住。趣味は読書と温泉、弓道と民謡に興味あり。秋田高専を卒業後、国交省(旧建設省)に勤務。その後IT関連企業を経て2008年帰能。地域のIT力向上を目的にweb制作を主軸とした合同会社ゴーゴーウェブマーケットを設立。 2016年1月に代表を退き、現在は一般社団法人防災教育普及協会会員、公益社団法人秋田犬保存会会員として活動中。2019年9月より日本維新の会一般党員として入党。

いままで投稿した記事の数:1051件

お問い合わせ先

E-mail
info@satouto.com

Copyright © 2013-2021 佐藤ともかず後援会 All Rights Reserved.