活動履歴

【能代市災害記録】  

  •  2020年8月4日 火曜日


 
 
能代山本広域圏市町村圏組合より新年度の消防年報が届きました。
こちらの年報には常備消防のあゆみや広域消防の変遷のほか、過去10年の火災状況比較や救急出動状況など記録されています。
 
中でも能代人として忘れてはならない災害史に、昭和24年2月の第一次能代大火と昭和31年3月の第二次能代大火、昭和47年7月の大洪水があります。
 
下記その概要です。大火資料では出火地点からどのように延焼を拡大したいのか図面もあります。
 
 
 
※昭和58年5月の日本海中部地震は割愛。
 
 
===
■第一次能代大火
・昭和21年2月20日 出火午前0時35分(鎮火午前8時頃)
・出火場所 能代市清助町
・原因 不明
・焼失住家 1,296棟
・焼失非住家 942棟
・罹災人員 8,790人
・風向風速 西・平均10m(最大18m)
・損害額 30億2590万円
 
■第二次能代大火
・昭和31年3月20日 午後10時50分頃
・出火場所 能代市畠町
・原因 不明
・焼失住家 1,156棟
・焼失非住家 319棟
・罹災人員 6,087人
・風向風速 東・平均9.8m(最大16.8m)
・損害額 20億1638万円
 
■47水害
・昭和47年7月8-9日
・大雨により中河原堤防が決壊。
・住宅流失17棟、全壊12棟、半壊21棟、床上浸水869棟、床下浸水430棟、非住家流失43棟、倒壊56棟、浸水612棟。
・二ツ井町荷上場と薄井でも堤防が決壊し被害が拡大。
・総雨量 素波里ダムで623mm,駒ケ岳787mm.藤琴719mm
・被害総額 8億805万円
 
===

プロフィール

佐藤ともかず

     

昭和53年1月31日 能代生まれ。43歳。河戸川在住。趣味は読書と温泉、弓道と民謡に興味あり。秋田高専を卒業後、国交省(旧建設省)に勤務。その後IT関連企業を経て2008年帰能。地域のIT力向上を目的にweb制作を主軸とした合同会社ゴーゴーウェブマーケットを設立。 2016年1月に代表を退き、現在は一般社団法人防災教育普及協会会員、公益社団法人秋田犬保存会会員として活動中。2019年9月より日本維新の会一般党員として入党。

いままで投稿した記事の数:1078件

お問い合わせ先

E-mail
info@satouto.com

Copyright © 2013-2021 佐藤ともかず後援会 All Rights Reserved.