活動履歴

【耕作放棄地と福祉の連携】

  • 2022年10月26日 水曜日

おはようございます❗️10/26水。
 
朝活通算110度目となりました。今朝もあまりの寒さで指が痛い💦
手袋も冬ものが必要ですね。ワークマン行こうかな🧤
 
さて農家の高齢化が進み耕作放棄地も増加していると聞いています。
農地の固定資産税の優遇を受けるには自ら栽培あるいは貸す等の対応が必要です。
 
この課題を解消する手段の一つとして障がい者に利用してもらう『農福連携』が注目を集めています。
愛知県のとある支援団体では無償で農地を借り受け、障がい者に生産してもらい、無農薬栽培で差別化を図り生計の足しにつなげているようです。
 
障がいを持つ方は親なき後が心配されますが例のような農福連携により、生きがいづくりや地域の課題解決にマッチできる可能性を秘めています。
農業立国あきたこそ、このような取り組みを先駆的に進めてはと思います。
 
 
写真は昨日訪れた米代川河口付近から。
風光明媚なこの地域は学習素材として最適ですね!
それでは皆さま、今日も良い一日を😁
 

プロフィール

     

佐藤ともかず【完全無所属】

     

前・能代市議会議員(2014〜2022)。昭和53年(1978年)1月31日 能代市生まれ。44歳。能代市河戸川在住。趣味はNBA観戦(UTAH JAZZ)、読書、温泉、弓道&民謡に興味あり。秋田高専を卒業後、国交省(旧建設省)に勤務。その後IT関連企業を経て大阪より2008年に帰能。地域のIT力向上を目的にweb制作を主軸とした合同会社ゴーゴーウェブマーケットを設立。2016年1月に代表を退き、新たに不登校支援のフリースクール・フレスクを2018年7月に設立。代表を務めたが2019年4月に一般社団法人を設立し代表を退く。現在は家業の通所介護施設「長崎デイハウスふあり」の生活相談員として勤務。視点は常にニュートラル(中道右派)

いままで投稿した記事の数:1320件

お問い合わせ先

E-mail
info@satouto.com

Copyright © 2013-2023 佐藤ともかず後援会 All Rights Reserved.