活動履歴

【秋田県知事選を振り返り。その1】

  •  2021年4月7日 水曜日

4/4開票となった県知事選ですが、ご承知のとおり下記の結果となりました。
 
・佐竹のりひさ 現 23万3305票 当選
・村岡としひで 新 19万3538票
・あいば未来子 新 2万3679票
・山本ひさひろ 新 2万617票
 
投票者数 474,604
 ※内、無効票 3,465、持ち帰り 2、不受理 3
投票率56.64%
 ※内、期日前投票 17.37%
 
結果のとおり秋田県民はこれまでの「継続」を選択しました。
佐竹県政3期12年の実績が評価されたほか、引き続きのコロナ対応を求めた結果です。
ただし結果論ですが、もし一騎打ちであれば違う結果となったことが予測されます。
 
例)
佐竹陣営 23万3305
対立陣営 23万7834 ※3候補合計
 
実はこのように一本化に絞れなかったため現職が勝利した例は同日開票となった各地でも見られた現象です。今後もこの流れは続くでしょう。保守系はいかに対立候補が分散化するように流れを作るか、対立陣営は1本化を探れるかが肝となるのは明白です。
 
次に市別の投票率です。
 
65.75% 湯沢市
65.42% 仙北市
64.05% 由利本荘市
63.73% にかほ市
57.36% 横手市
56.03% 大仙市
55.77% 能代市
54.57% 潟上市
53.47% 男鹿市
53.20% 秋田市
52.96% 鹿角市
52.91% 北秋田市
51.69% 大館市
 
上位には村岡候補の地盤となった秋田三区の市が連ね、対して県北の秋田2区は投票率が低い結果となりました。これは各地で同時選挙となった各首長選や補選の有無も関係しますが県政に対する温度差が露呈しました。
上位のうち由利本荘市、にかほ市では村岡候補が得票で勝利し、湯沢市、横手市では横一線です。大仙市は御法川衆議院議員のお膝元ともあり佐竹陣営が勝利。
 
今回の結果は続く衆議院選挙の指標にもなり、各陣営は今回のデータから戦略の練り直しなど迫られているのではないでしょうか。
次回も引き続き秋田知事選の結果から能代市議選について推測したいと思います。
 

プロフィール

佐藤ともかず

     

昭和53年1月31日 能代生まれ。43歳。河戸川在住。趣味は読書と温泉、弓道と民謡に興味あり。秋田高専を卒業後、国交省(旧建設省)に勤務。その後IT関連企業を経て2008年帰能。地域のIT力向上を目的にweb制作を主軸とした合同会社ゴーゴーウェブマーケットを設立。 2016年1月に代表を退き、現在は一般社団法人防災教育普及協会会員、公益社団法人秋田犬保存会会員として活動中。2019年9月より日本維新の会一般党員として入党。

いままで投稿した記事の数:1069件

お問い合わせ先

E-mail
info@satouto.com

Copyright © 2013-2021 佐藤ともかず後援会 All Rights Reserved.