活動履歴

【春の陽気に思うこと。議決の責任】

  • 2022年4月19日 火曜日

写真は7年半前に私が議員になって1年目に補正予算を議決した能代市河畔公園内の大型遊具施設です。(オープン当初の)
 
覚えている市民も多いと思いますが当時「唐突な事業計画だ」「市民の声を反映したものにせよ」と一部議員、地元紙が声をあげ事業凍結の署名運動まで発展した事業でありました。
 
予算規模は約8300万円。当時の施工業者は西村土建が落札したと記憶しています。 
 
その後、当時の議決の判断は正しかったのか。そう思う日が何度もありました。しかし今この場所を訪れると悩みが小さく思えるほどの多くの家族で賑わい、決して間違っては居なかったんだと確信します。
 
物事の正しいさは時間とともに変化するもの。批判を浴びて進めたものでも将来喜ばれるかもしれない。その逆も然り。
 
新人議員の皆様には、この視点を慎重に判断し議決に望まれることを期待しています。子ども館の室内スペースリニューアルで一層楽しめる地域資源が生まれますね!!
 

プロフィール

佐藤ともかず

     

前・能代市議会議員(2014〜2022)。昭和53年(1978年)1月31日 能代市生まれ。44歳。能代市河戸川在住。趣味はNBA観戦(UTAH JAZZ)、読書、温泉、弓道&民謡に興味あり。秋田高専を卒業後、国交省(旧建設省)に勤務。その後IT関連企業を経て大阪より2008年に帰能。地域のIT力向上を目的にweb制作を主軸とした合同会社ゴーゴーウェブマーケットを設立。2016年1月に代表を退き、新たに不登校支援のフリースクール・フレスクを2018年7月に設立。代表を務めたが2019年4月に一般社団法人を設立し代表を退く。現在は家業の通所介護施設「長崎デイハウスふあり」の生活相談員として勤務。視点は常にニュートラル(中道右派)

いままで投稿した記事の数:1224件

お問い合わせ先

E-mail
info@satouto.com

Copyright © 2013-2022 佐藤ともかず後援会 All Rights Reserved.