活動履歴

【サキホコレ、県北その後】

  • 2022年9月22日 木曜日

9/22木。おはようございます❗️
 
朝活は通算82度目。今日から新たな相棒でご挨拶です。
演説会に向けコツコツと周知を継続して参ります。
 
 
さて昨日傍聴した秋田県議会の農林水産委員会ですが、私も以前から感じていた疑問と同様の質疑があったのでご紹介です。
 
質疑:サキホコレは今後県北での作付けを考えていくのか。
答弁:サキホコレが十分な登熟を確保するには県北では適しておらず品質が低下する。
そのため現状の一般向けのあきたこまちと高級志向のサキホコレの2本柱で県産米の底上げを図る。
 
 
なるはど。
私が市議の頃の2年ほど前でしたか、県北がサキホコレの作付け推奨地域から除外されましたが今後の改良を期待していました。
しかしその後も方向性は変わらず。改良するつもりもなかったのですね…。
 
公金によりCM等キャンペーンを大々的に行うサキホコレに対して、従来のあきたこまち生産者が不利益を被らないよう丁寧な議論が必要です。
場合によっては県北のみに適した品種改良等々。
 
また8月の豪雨により被害を受けた農林水産畜産の各種再発防止をどう考えいくのか、ここのやりとりは見られませんでした。
(少し早めに退席したため、その後やりとりがあったかもしれません。)
 
福祉や教育関係の委員会も傍聴したいところですが今回はこれにて。
また時間を捻出して来こうと思います。
 
 

プロフィール

     

佐藤ともかず【完全無所属】

     

前・能代市議会議員(2014〜2022)。昭和53年(1978年)1月31日 能代市生まれ。44歳。能代市河戸川在住。趣味はNBA観戦(UTAH JAZZ)、読書、温泉、弓道&民謡に興味あり。秋田高専を卒業後、国交省(旧建設省)に勤務。その後IT関連企業を経て大阪より2008年に帰能。地域のIT力向上を目的にweb制作を主軸とした合同会社ゴーゴーウェブマーケットを設立。2016年1月に代表を退き、新たに不登校支援のフリースクール・フレスクを2018年7月に設立。代表を務めたが2019年4月に一般社団法人を設立し代表を退く。現在は家業の通所介護施設「長崎デイハウスふあり」の生活相談員として勤務。視点は常にニュートラル(中道右派)

いままで投稿した記事の数:1343件

お問い合わせ先

E-mail
info@satouto.com

Copyright © 2013-2023 佐藤ともかず後援会 All Rights Reserved.