能代市議会一般質問 > 2019年 > 9月定例会

今後の (介護分野における)市の取り組みについて

※下記のやりとりは議事録から抜粋したものであり議会の公式記録ではありません。

最後に『今後の市の取り組みについて』お聞きいたします。
ここまで主に2025年問題に向けた介護人材の確保について質問して参りました。最後の項目では今後の市の具体的な取り組みについてお聞きいたします。まずは介護分野における離職率についてでありますが、厚労省による2016年雇用動向調査によりますと、秋田県内の全産業における離職率は15.6%となっており、医療・福祉の産業に絞った離職率においても同値の15.6%となっております。また公益財団法人 介護労働安定センターが公表する平成30年度「介護労働実態調査」の結果では、2018年度の離職率は15.4%となっており、ここ数年は16%前後に落ちついた傾向となっております。これら統計からも決して悪い指標ではございませんが今後も慢性的に続く介護人材不足に備え、早い時期からの定着促進に向けた具体的な取り組みが必要と考えられます。
また関連し、現在の高齢者福祉計画及び第7期介護保険事業計画では、介護人材確保への対応を居宅、施設サービスに関わらず、『介護従事者の人材確保について、県が策定する介護保険事業支援計画と連携を図る』と明記されております。この県の計画を辿りますと、処遇の改善支援や介護ロボットの導入、理学療法士による腰痛予防の普及のほか、前述の評価制度の普及、中高生への出前講座等を実施していく旨が明記されております。今後は県の計画の通り一層の連携を図り促進していくことは理解できますが、市としての主体性を感じ得るものではありません。つきましては次期計画にしっかりと具体的な取り組みや方針を盛り込み早期に介護人材不足に取り込まれますよう強く求め以下についてお伺いいたします。

ア 離職率改善に向けた市の取り組みは
イ 次期、高齢者福祉計画及び介護保険事業計画では市独自の人材確保及び定着に向けた取り組みを盛り込むべきではないか

プロフィール

佐藤ともかず

     

昭和53年1月31日 能代生まれ。41歳。河戸川在住。趣味は読書と温泉、弓道と民謡に興味あり。秋田高専を卒業後、国交省(旧建設省)に勤務。その後IT関連企業を経て2008年帰能。地域のIT力向上を目的にweb制作を主軸とした合同会社ゴーゴーウェブマーケットを設立。 2016年1月に代表を退き、現在は一般社団法人防災教育普及協会会員、公益社団法人秋田犬保存会会員として活動中。2019年9月より日本維新の会一般党員として入党。

最新記事

アーカイブ

いままで投稿した記事の数:828件

お問い合わせ先

E-mail
info@satouto.com

Copyright © 2013-2019 佐藤ともかず後援会 All Rights Reserved.