活動履歴

11/25(火) 大仙クリーンセンター最終処分場を視察

  •  2014年11月25日 火曜日

【増え続けるゴミ問題】
本日11/25(火)は、能代山本広域市町村圏組合の視察研修で、大仙市の大仙美郷クリーンセンター一般廃棄物最終処分場へ来ております。

1779223_10205231617175293_8460382490167258734_n

一般的に集められたゴミはゴミ処分場で焼却灰となり、最終処分場にて埋立などで処理されます。
ここ大仙美郷の最終処分場では、室内型の処理場で15年ほどで満杯となる計画です。この建設に20億。もちろんこの他、維持管理費も必要となります。焼却灰の利活用として骨材などの建設部材への適用も模索されてはいるのですが県の厳しい基準をクリアしなければならず、現状は埋め立てる他、ないようです。
見学した施設では漏水対策として、厚さ約2mの床と側壁コンクリートで守られています。ようは巨大なプールに焼却灰を埋めているという感覚です。
このような構造物を我々は作り続けていかなければならないのでしょうか?確実に負の遺産。しかしながら、ゴミの出ない生活もあり得なく、各地域にとっても深刻な課題です。となると都市部のゴミがどう処理されてるのか気になります。
驚くことばかりです。

プロフィール

佐藤ともかず

     

昭和53年1月31日 能代生まれ。42歳。河戸川在住。趣味は読書と温泉、弓道と民謡に興味あり。秋田高専を卒業後、国交省(旧建設省)に勤務。その後IT関連企業を経て2008年帰能。地域のIT力向上を目的にweb制作を主軸とした合同会社ゴーゴーウェブマーケットを設立。 2016年1月に代表を退き、現在は一般社団法人防災教育普及協会会員、公益社団法人秋田犬保存会会員として活動中。2019年9月より日本維新の会一般党員として入党。

いままで投稿した記事の数:912件

お問い合わせ先

E-mail
info@satouto.com

Copyright © 2013-2020 佐藤ともかず後援会 All Rights Reserved.