活動履歴

挑戦の年!!”流れ”をつくるために

  •  2014年1月6日 月曜日

あけましておめでとうございます。

既に地元紙「北羽新報」にて掲載済みではございますが、
わたくし佐藤ともかずは次回能代市議選に挑戦することを決意いたしました。

衰退の一途をたどるこの地域に一矢報いることはできないものかと、
僕の専門分野である「IT」や「福祉」の視点を駆使し真っ向から挑みます。

いまの世の中は一つの物事に対して非常に多肢に渡る考えが存在し、
何事も進めていくことが困難な時代であるように感じます。
まさに「あちらを立てるとこちらが立たない」そのような神経質な課題が山積しております。

ただ成熟社会の昨今では、従来の「妥協点を模索し決定する」手法ではなく
強いリーダーシップを持って地域を引っ張っていく姿勢が必要だと感じます。

大きな到達地点を首長が示し、市民と行政が歩を進め
議会が誤った方向に進んでいないかをチェックする。
理想的なスパイラルだと思います。

ただ歩を進める中で予期せぬ事態が起こる事もあります。
その際には迅速に事態を把握し、方向修正することも行政・議会の大きな役割だと感じています。

また市議の最たる役割は
・市予算のチェック
・行政への提案・アプローチ
・条例の制定
を中心に今では情報発信力も重要な要素の一つであります。

いま現在、自分達の街ではどんな議論がなされているのか、そしてどんな選択をしてきたのか。
それらを知る方法は議会傍聴や新聞、議事録、議員のサイトしかありません。

21世紀の情報化の時代において、いつでも議会の様子をチェックできる情報基盤の整備は決して難しい話ではありません。
何もかも全てが全国標準に合わせることはないでしょうが、最低限の情報公開は必要だと感じております。

また議員自身も情報発信を積極的に行い、地域のPRを率先していく必要があると考えます。

最後に
僕たちの地域では目に見えにくい課題が山積しています。
・新庁舎は現在の場所のままでよいのか。周辺地域への波及効果の可能性はあるのか(都市計画)、
 浸水区域への設置は災害時に防災拠点となりうるのか?
・少子化時代への対策は十分か。労働人口減少への対応は?。
・議員に有利な倫理条例改悪を見過ごしていいのか?
・子どもたちの命を守る教育として、防災教育の強化徹底。
・独居高齢者も安心して暮らせる地域づくりの構築
・情報化整備により予算の合理化は図れないか?

能代の人口が5万人を切る時代がやってきます。

このまま衰退を続けますか?それとも転換期を創り出していきますか?
あなたの知恵と行動力をほんの少し地域へ還元してください。
一緒にこの街の歴史を築き上げましょう。

プロフィール

佐藤ともかず

     

昭和53年1月31日 能代生まれ。42歳。河戸川在住。趣味は読書と温泉、弓道と民謡に興味あり。秋田高専を卒業後、国交省(旧建設省)に勤務。その後IT関連企業を経て2008年帰能。地域のIT力向上を目的にweb制作を主軸とした合同会社ゴーゴーウェブマーケットを設立。 2016年1月に代表を退き、現在は一般社団法人防災教育普及協会会員、公益社団法人秋田犬保存会会員として活動中。2019年9月より日本維新の会一般党員として入党。

いままで投稿した記事の数:995件

お問い合わせ先

E-mail
info@satouto.com

Copyright © 2013-2020 佐藤ともかず後援会 All Rights Reserved.