活動履歴

能代市議会3月定例会 市長説明その2

  •  2020年3月4日 水曜日

その1の続きとなります。

●住宅リフォーム支援事業
評判の施策の一つでありますが、これまで一人1度きりの利用でありましたが、令和2年度より改めて本制度を利用可能となります。さらにこれまで対象外となっていた併用部分も含め全て対象となります。そのほかブロック塀の解体のみにも適用。通学路の安全面から見ても利用価値がある制度にブラッシュアップされています。
 
●令和元年度一般会計補正予算
概ね各事業の精算減額、補助金の追加、人件費の整理が主なもので、補正額は5億5,165万4千円の減額となり、既定予算を加え、一般会計の総額は283億3,920万円となります。
 
●令和2年度一般会計
予算規模は278億7,600万円(前年比当初と比較し、6億600万円の増)
主な事業・・・
・地域おこし協力隊(バスケ、宇宙、移住定住)
・地域集会所建設事業費補助金
・後期高齢者歯科検診事業
・帯状疱疹予防接種費
・東京2020大会関連事業費
・グラウンドゴルフ場整備事業費

・放課後児童クラブ整備事業費
・小学校冷房等整備事業
・元気・交流200円バス事業
・地域福祉コーディネーター事業費

・地域再生可能エネルギー発電会社出資金
中小企業融資あっせん等事業費
・商店街活性化対策事業費
・道の駅ふたつい喫煙所・風除室整備事業
・ホストタウン事業費
・農業夢プラン事業費補助金
・ネットワーク型園芸拠点整備事業費補助金
・森林・林業活性化総合支援事業費
・木のまちづくり推進事業費

・消火栓整備補償費
・地域公共交通活性化事業費
・公園リニューアル事業費
・リサイクルセンター改修事業費
・米代流域衛生センター解体事業費等交付金
・ふるさと納税推進費

等々。上記はごく一部の事業費を掲載しております。

●主な歳入
市税については、前年度当初予算に対して1.3%減の60億3,892万2千円を計上。
地方交付税は、前年度当初予算に対し、2.4%増の85億円を計上。
市債は臨時財政対策債6億3,140万円を含め20億7,910万円を計上。
繰入金は財政調整基金から14億8,644万円を含め、19億8,537万円を計上。

以上、市長説明から一部要旨を載せておきます。

プロフィール

佐藤ともかず

     

昭和53年1月31日 能代生まれ。42歳。河戸川在住。趣味は読書と温泉、弓道と民謡に興味あり。秋田高専を卒業後、国交省(旧建設省)に勤務。その後IT関連企業を経て2008年帰能。地域のIT力向上を目的にweb制作を主軸とした合同会社ゴーゴーウェブマーケットを設立。 2016年1月に代表を退き、現在は一般社団法人防災教育普及協会会員、公益社団法人秋田犬保存会会員として活動中。2019年9月より日本維新の会一般党員として入党。

いままで投稿した記事の数:912件

お問い合わせ先

E-mail
info@satouto.com

Copyright © 2013-2020 佐藤ともかず後援会 All Rights Reserved.