活動履歴

【はじめての脳ドック受診】

  •  2019年11月21日 木曜日

能代市ではH31年度より脳ドック受診に対し2万円を上限に1/2助成の制度があります。
  
以前の投稿で秋田市の循環器・脳脊髄センター(旧脳研)で受診する場合は2ヶ月程度かかることをお伝えしましたが早2ヶ月です。その体験レビューを記録しておきます。
 
 
1)当日は事前にセンターから送付された『脳ドック質問票』と『健康保険証』、能代市からの『能代市脳ドック検診費助成決定通知書』を必ずお持ちください。
2)循環器・脳脊髄センターへは朝8:20まで受付へ
  ※わたしは秋田市まで高速バスで行きました。ちょうど7:50頃に秋田駅西口に到着します。
3)センター3Fの脳ドック受付へ必要書類を提出。着替えや当日の流れを確認します。この時点で身長体重、血圧測定もありました。
4)1階の別棟へ移動し1つ目の『MRI検査』へ。
※30分程度、筒型の検査機に横になり頭を挿入します。画像はズレるから寝るなと指示されますが、メトロノームのような機械音にオムニバスで夢を3話見ました。「カン、カン、カン・・zzz」
5)続いて『頸動脈超音波検査』。首の血流の流れを診断するそうです。
6)心電図
7)採血・採尿。この時点で2回もトイレに行っていたため採尿には苦労しました。
8)会計。助成後の金額を支払います。結果、18,335円でした。
 
以上、会計終了時点で午前9:50。思った以上に混雑しておらず、どの検査もスイスイでした。医師との面談はありません。結果は2~3週間ほどで自宅へ郵送されるそうです。
 
はじめての経験で大変緊張しましたが職員が手際よく、持参した本も3ページほどしか読み進められませんでした。
 
今回は秋田県立循環器・脳脊髄センターで受診を行いましたが、他の病院でも受診が可能であります。40歳以上の方は面倒がらずに定期的な健康チェックをおすすめいたします。
 
詳細は能代市公式サイトより
https://www.city.noshiro.akita.jp/c.html?seq=15625
 

プロフィール

佐藤ともかず

     

昭和53年1月31日 能代生まれ。41歳。河戸川在住。趣味は読書と温泉、弓道と民謡に興味あり。秋田高専を卒業後、国交省(旧建設省)に勤務。その後IT関連企業を経て2008年帰能。地域のIT力向上を目的にweb制作を主軸とした合同会社ゴーゴーウェブマーケットを設立。 2016年1月に代表を退き、現在は一般社団法人防災教育普及協会会員、公益社団法人秋田犬保存会会員として活動中。2019年9月より日本維新の会一般党員として入党。

いままで投稿した記事の数:861件

お問い合わせ先

E-mail
info@satouto.com

Copyright © 2013-2019 佐藤ともかず後援会 All Rights Reserved.